読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

曽根圭介 『あげくの果て』

あげくの果て
3編収録の短編集。
3編いずれも設定と構成の妙。「熱帯夜」ではグロテスクさを隠れ蓑にした構成力の高さに、表題作では忌避すべき未来を連想させるリアリティに、「最後の言い訳」ではタイトル通りのアイロニカルな結末のどこか可笑しさに、それぞれ舌を巻く。