読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

森見登美彦 『恋文の技術』

book

恋文の技術 (ポプラ文庫)
珍しい書簡体形式を取っており、森見作品では異色ではあるが違和感はない。もとより独白に近い文体を得意にしているため、手紙での独り語りには良い塩梅でマッチングしている。
舞台の半分は京都で、森見作品お馴染みの固有名詞も登場。荒唐無稽と大言壮語と抱腹絶倒。傑作。