読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小林泰三 『セピア色の凄惨』

book

セピア色の凄惨 (光文社文庫)
文庫書き下ろし。
とある女性が探偵へ人探しを依頼することから物語は始まる。4枚の写真を手掛かりとして行った聴き込み調査結果を、短編小説のように章立てして描いた、4編の連作短編形式。
短編はいずれもグロテスクな描写を持ち、直視に耐えない箇所も多い。また、合間合間に挟まれる章にて、女性と探偵の議論が交わされるが、理路整然に見える部分と屁理屈に見える部分が相交わり、これも生理的な気持ち悪さを引き起こさせる。
小林泰三のおいしいところを抽出したような作品。