読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

森博嗣 『小説家という職業』

小説家という職業 (集英社新書)
大学助教授から小説家に転身した著者の経験をもとにするハウツー本らしくないハウツー本。
いかに出版業界という世界と小説家という職業が変わったものであるかを主張し、その中で自分は独自のスタンスで成功したという内容。よくある自慢本の域は出ない。

こういう、ついつい嫌味言いたくさせる、幼稚風に見せる球の投げ方が森博嗣の巧いところである。まぁしかし、天然も多分にあると思う。天然のプライドの高さがある人間でなくては、プライドを無くしたような書き方はできない。