読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

西尾維新 『零崎人識の人間関係』

零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス) 零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス) 零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス) 零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)
『匂宮出夢との関係』『無桐伊織との関係』『零崎双識との関係』『戯言遣いとの関係』の4冊同時発売。
殺し屋零崎人識と、お馴染みの当シリーズのキャラクターが再登場。ドラマ性は出夢、キャラクタは伊織、能力バトルは双識、舌での煙巻きは戯言遣いという印象。ファンサービス要素だけのはずがエンターテイメントとなっているのは流石。
各巻を最終巻とした場合の読み方が設定されているのは、清涼院流水へのオマージュか。なお、あとがきは毎回上遠野浩平へのオマージュである。
個人的には、最初に読んだ出夢が、最初に読んだからだけの理由ではなく印象に残り、他の3作を読んでいる間も引き摺った。傑作だ、と戯言を吐いておく。