読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

倉知淳 『過ぎ行く風はみどり色』

過ぎ行く風はみどり色 (創元推理文庫)
豪邸、胡散臭い霊媒師、超常現象、密室。謎だらけの事件について、一事実の発覚を契機に畳み掛けるような謎解きが行われる。鮮やか。新本格の一種の完成系かもしれない。
あとは猫丸先輩のキャラクタを好きになれるかと、悲劇のヒロインの柔らかで優しすぎる感情に入り込めるかという点。