読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

吉田修一 『さよなら渓谷』

book

さよなら渓谷 (新潮文庫)
『悪人』の流れを汲む、吉田修一流の恋愛長篇小説。
しかし、過去の同著者であれば、短編でさらりと書いていた題材だと思わせられる。少しパワーが落ちてきているのか、と感じさせる。
出版社が関係あるのか知らないが、吉田修一の新潮社作品とは相性が悪い。(東京湾景、長崎乱楽坂等)