読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

浦賀和宏 『ファントムの夜明け』

ファントムの夜明け (幻冬舎文庫)
上述の『彼女は存在しない』と同様、手堅く物語を紡いだ作品。しかし、構成上の工夫や終盤のカタルシスでは、『彼女は存在しない』に劣る面がある。
浦賀和宏が松浦純菜シリーズに更なる1歩を踏み出す以前の刊行であり、本作には安藤直樹シリーズと両方の性質が見られる。