書は言を尽くさず、

本読んだりしています

島田荘司 『奇想、天を動かす』

3度目ぐらいの再読にあたると思う。
吉敷竹史シリーズで最も本格ミステリ界隈に評価されている作品ではなかろうか。
幻想的な謎と、論理的な解決を島田荘司作品で最も体現しているのではないかと思う。勿論、偶然や多少の牽強付会はあるもので、それすらも著者の醍醐味。
奇妙な作中作、容疑者の悲惨、得るもののないことを承知の上での不屈の捜査、刑事課内での衝突、その末での光明。欠点を補って余りある要素が本作には多すぎる。