読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

三津田信三 『厭魅の如き憑くもの』

著者はホラー・ミステリの融合体を成す点で有名だが、本作はまさにその一例。
登場人物であり探偵役である人物が「事象は白か黒か2つに割り切れるとは限らない」「ただし蓋然性の高い解釈をいくつか挙げることはできる」(いずれも意訳)といったことを述べているとおりであり、その解釈の数と深みに加え、物語構造の工夫によって、本作は薄ら恐ろしいホラーなのだか整然としたミステリなのだか解釈の困難な作品に仕上がっている。