読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

古川日出男 『ハル、ハル、ハル』

book

短編集。
古川節が濃い。登場人物の持つ「動く意志」や、視点人物の主観でしかない言語表現、それらすべてが古川節。本作を楽しめるかどうかは、この古川節を受け入れられるか否かに掛かっている。
収録3作のうちでは、表題作が最も強い印象を残す。行動の理由が最も明確で解りやすいからか。