書は言を尽くさず、

本読んだりしています

『武士の一分』

キムタクはやはりキムタクらしい演技をしており、特別新境地を見せた訳でもない。むしろ配役と脚本の妙のように思える。
演出面では間の作り方が巧く不満は余りないが、緒形拳の渋さをもう少しだけ多めに見たかった。