書は言を尽くさず、

本読んだりしています

福本伸行 『アカギ』(18)

この巻アカギ一言もしゃべってねぇ・・・(たぶん)
(追記)→「ポンッ・・・!」言ってたわ。でもそんだけ。


それなのに不自然さがないのが凄い。
それにしても鷲巣の顔がどんどんデフォルメされてくなぁ。