書は言を尽くさず、

本読んだりしています

久闊

旧バイト先の連中と飲んだ。約2ヶ月ぶり。後輩は元気、社員は過酷労働だけど一応元気。安心した。あいつはああだのこいつはこうだの普段の話題でいつものように盛り上がる。居酒屋でかわいい店員さんが注文とりに時はみんなしてテンション上がり、ただし上がってそれだけ、何をするでもない。グダグダ。もう本当にどうしようもないほど相変わらず。
ポツポツ抜けて二次会。境遇は驚くほど違うけど俺と同じよーな夢を持っている友達Tと色々話す。やはり社会人になったことが俺自身にどう影響を与えたのか、ということに焦点があてられた展開になった。彼と話すことで、俺自身が今の仕事をどのように捉えているかも、ヴィヴィッドに見えてきたような気がする。彼とは一晩では語り尽くせない。ただ、頻繁に会って話すということはなかなか想像がつかない。数ヶ月に一度、多くても月に一度ほど、深く長くお話をしたい相手である。