書は言を尽くさず、

本読んだりしています

乙一 『暗黒童話』

著者初の200枚以上の長編作品。乙一小説のエッセンスはほぼ全て詰まっている。ただ、タイトルだけはうまくない。
長編風にプロットは練られていたが、読後に残るものは短編とさして変わらないように思う。やはり乙一は短編向きの作家なのだろう。