書は言を尽くさず、

本読んだりしています

高田崇史 『QED 百人一首の呪』

QED 百人一首の呪 (講談社文庫)
再読。
近作に比べて歴史解釈や薀蓄を理解しづらい。崇の語りがやや暴走がちなのか、周りがついて行けていないような気がする。
現代の事件の真相はなかなか強引な部分はあるが奇抜で好み。しかし歴史解釈との結び付きは小さいように思う。