書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小林泰三 『人獣細工』

短編集。3編収録。
「吸血狩り」はどこか物足りないが、他の2編は小林泰三の本領が発揮された作品だと思う。
「人獣細工」は“ひとぶた”という言葉一つで一気に物語へ惹き込まれた。
「本」はメタ的構成よりもむしろユーモアの部分が光っていた。