読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小杉英了 『ターミナル・デイ』

日本ホラー小説大賞受賞第一作。

羽田圭介 『黒冷水』

文藝賞受賞作。

法月綸太郎 『怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関』

怪盗グリフィンシリーズ続編。

大山尚利 『クロスマッチ 止まらない心臓』

初野晴 『惑星カロン』

ハルチカシリーズ第五巻。4編収録。

野崎まど 『know』

西尾維新 『悲亡伝』

伝説シリーズ第七弾。

雀野日名子 『終末の鳥人間』

森見登美彦 『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』

カラー写真による京都周辺の多数ある魅力的スポットの紹介。

矢部嵩 『少女庭国』

岩城裕明 『牛家』

第21回日本ホラー小説大賞佳作に、1編書き下ろしを追加。

森博嗣 『ムカシ×ムカシ』

Xシリーズ第4作。

伊坂幸太郎 『3652 伊坂幸太郎エッセイ集』

伊坂幸太郎のデビュー10周年記念エッセイ集。文庫化にあたり15周年を迎え、5年分を追加収録。

吉田修一 『路』

西尾維新 『人類最強の初恋』

最強シリーズ。「メフィスト」掲載の2作を集約。

小林泰三 『アリス殺し』

「不思議の国のアリス」の設定を下敷きにしたミステリー。

渡部雄吉 乙一 『張り込み日記』

昭和の写真家・渡部雄吉の写真集について、乙一が構成と文を担当。

麻耶雄嵩 『あぶない叔父さん』

『小説新潮』掲載作品に書き下ろしを加えた連作短編集。

貴志祐介 『極悪鳥になる夢を見る』

著者初のエッセイ集。

白河三兎 『総理大臣暗殺クラブ』

「小説野生時代」連載作品に書き下ろしを加え「完結」させた単行本化。

北山猛邦 『人外境ロマンス』

6編収録の短編集。

貫井徳郎 『北天の馬たち』

「小説野生時代」連載作品。

浦賀和宏 『究極の純愛小説を、君に』

文庫書き下ろし。

舞城王太郎 『淵の王』

「新潮」掲載作品の単行本化。

森博嗣 『実験的経験 Experimental experience』

早坂吝 『○○○○○○○○殺人事件』

第50回メフィスト賞受賞作。

伊坂幸太郎 『PK』

3編の中編集。

綾辻行人 『Another』

『野生時代』連載作品の単行本化。アニメ化、実写映画化も行われている。

法条遥 『忘却のレーテ』

中村文則 『A』

13編収録の短編集。

森見登美彦 『有頂天家族 二代目の帰朝』

『有頂天家族』(http://chen.hatenablog.com/entry/20080114/p1)続編。三部作の二作目にあたる。

野崎まど 『小説家の作り方』

島田荘司 『幻肢』

映画化のために書き下ろされた作品。

阿部和重 『Deluxe Edition』

12編収録の短編集。

大山尚利 『ブラックラジオ』

ハヤカワ文庫JA書き下ろし短編集。

西尾維新 『非録伝』

〈伝説〉シリーズ第五作。 『悲痛伝』『悲惨伝』『非報伝』『非業伝』と続いた「四国ゲーム」編の完結編。

法月綸太郎 『犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題』

6編収録の短編集。

小杉英了 『先導者』

第19回日本ホラー小説大賞受賞作。

富野由悠季 『機動戦士ガンダムF91―クロスボーン・バンガード』

宇宙世紀ガンダムシリーズ。

白河三兎 『君のために今は回る』

講談社ソフトカバー書き下ろし。

麻耶雄嵩 『化石少女』

「読楽」連載の連作短編の単行本化。

倉狩聡 『かにみそ』

第20回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞。受賞作を含む2編の短編集。

浦賀和宏 『姫君よ、殺戮の海を渡れ』

吉田修一 『太陽は動かない』

雀野日名子 『幸せすぎるおんなたち』

「小説現代」掲載作品に2編書き下ろしを加えた連作短編集。

貫井徳郎 『新月譚』

「別冊・文藝春秋」連載作品の単行本化。

矢部嵩 『魔女の子供はやってこない』

連作短編集。

北山猛邦 『人魚姫 グリム探偵の手稿』

麻耶雄嵩 『さよなら神様』

「神様」シリーズ第二弾となる、連作短編集。

『二十の悪夢』

角川ホラー文庫創刊20周年記念アンソロジー。すべて書き下ろし。 岩井志麻子、小林泰三、朱川湊人、恒川光太郎、平山夢明、藤木稟が参加。